ホーム > 温泉案内 > コンカニペ(金の滴)の湯

コンカニペ(金の滴)の湯

ウヌカル

 かつて「旧恵比寿の湯」として湯治客を癒やしてきたコンカニペの湯はウヌカルの一番奥に座する湯。
 知里幸恵さんの謡、梟の神の自ら歌った「銀の滴降る降るまわりに,金の滴降る降るまわりに.」にちなんで名づけました。黄金色の岩肌高くからも湯が流れ出るので、打たせ湯のようにもできます。
 湯船は2人でいっぱいになるくらい小さめなので、仲良くお入りください。

泉質・効能

泉 質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(旧泉質:重曹食塩泉)
泉 温 48.0℃ / 加温・加水なし、源泉かけ流し
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱体質、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患、発熱、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血
その他一般的に病勢進行中疾患、妊娠中(初期と末期)

アメニティー・備品等

シャンプー・リンス、ボディソープ、ドライヤー(無料)、綿棒、化粧水、ティッシュ、ハンドソープ、貴重品ロッカー

●受付にて浴用品をご用意しております。ぜひご利用ください。(全て税込)
 貸バスタオル&タオルセット350円、オリジナル入浴タオル販売200円、
 歯ブラシセット150円、ヒゲソリ150円

ページトップに戻る

メニュー

空室を検索して宿泊予約