然別第一発電所
観光スポット

然別湖水を利用して発電しています。パイプの上部のあたりが然別湖の湖面となっています。然別湖の水は南ペトウトル山の山腹を貫通し、途中の温泉湧出をクリアーして、遠く新得の岩松発電所まで流れております。昭和28年に発電開始となり、戦後の北海道の主力電源の一つとなりました。
北海道の湖で最も高い位置にある然別湖の標高810mというスケールの高さが山を隔てて分かるビューポイントです。携帯AUはここまで通話圏内となっています。