源泉かけ流しの11の湯船
Genuine Eleven Hot Springs

昔、多くの湯治客から「治らぬ病なし」と言われた100余年の歴史を誇る名湯の
数多く自噴する源泉から13の源泉を利用して11の湯船を設けています。
源泉口や足元から(足元湧出)、新鮮フレッシュな自噴源泉100%かけ流しの湯が注がれています。

日帰り入浴ご利用の方へ

  • 遠方はるばるいらしたお客様は、「のぼせ」や「湯あたり」予防に入浴前に水分補給ゃ休憩をお願いします。
  • 券売機で入浴券を購入後、横にありますガラスの器に券をお入れください。普段は係員はおりません。
  • 受付時間・定休日はこちら(イコロボッカの湯の日帰り入浴は15時まで)
  • 日帰り入浴料:
    大人650円/中学生300円/小学生200円(入湯税込) ※幼児無料

    ※貸切露天風呂「幾稲鳴滝の湯」入浴料は別途1,000円(日帰り入浴は15時まで 1日2組まで)、こもれび荘フロントで受付いたします。

    • 入浴料:現金払い  券売機で購入してください。5千円1万円札は利用できません。
    • 回数券:
      10枚綴り 5,000円(入湯税別)
      こもれび荘フロントで購入可
      (入浴時に券売機で入湯税50円を購入し、回数券1枚と一緒にご提出ください)


※画像を押すと、ポップアップします。

「ウヌカル」と「イナンクル・イコロボッカの湯」で、夜20時に男女入れ替わります。

「イレズミ」「タトゥー」などは明治期に禁止となりましたが、ヤクザ関係以外のものは、伝統的な縄文とアイヌ時代の魔除けや呪術、女性の美的要素、大自然の蝦夷地の習俗の一つとしてポジティブなイメージで考えております。以上の理由から当温泉では入浴は禁止しておりません。

ウヌカル

アイヌ語で「出会う」を意味しています。ウヌカルには全部で5つの湯船があります。

イナンクル

アイヌ語で「幸せ」を意味しています。露天風呂が2つあり、あわせて4つの湯船があります。
(アイヌ語ネイティブの方からのご指摘で、イナンクルは「誰?」の意味でした。湯煙の中で「イナンクル」と呼びかけてください)

こもれび荘の湯

宿泊こもれび荘1階にある半露天です。足元湧出の珍しい温泉です。半露天の意味は写真でご確認ください。
日帰り入浴のお客様はイナンクルの日に15時まで入浴いただけます。

貸切露天風呂

滝の近くにある貸切露天風呂です。家族、グループでの利用も可能です。8名位までは入浴できます。
日帰り入浴の方は14時まで宿泊こもれび荘フロントで受付しています。