ホーム > 温泉案内

源泉かけ流しの11の湯船

昔、多くの湯治客から「治らぬ病なし」と言われた100余年の歴史を誇る名湯。

現在では薬事法に抵触しそうな表現ですが、温泉の周囲は源泉が数多く自噴しています。

その中から13の源泉を利用して11の湯舟を設けています。

いずれも動力を使用しない自噴源泉100%かけ流し、加温も加水も循環もしておりません。

また、源泉口がすぐ近くだったり、足元だったり(足元湧出)、フレッシュな源泉が湯船に注がれています。

でも、温度と湯の華 を管理するのは大変難しく、当温泉の「湯守」さんが日夜努力しております。

湯船の中にありますコイル状のものは冷却装置です。

この中に真水を回して、加水なし 冷ましてシャワー水として再利用しています。(2カ所)

日帰り入浴 ご利用の方へのお知らせ

 夏期間は火曜日定休です。  

    幾稲鳴滝の湯(貸切露天風呂)は1日3組 12時、13時、14時のいずれかのご利用のみとなります。

予約は承っておりませんので、現地でフロントまでご確認ください。

こもれび荘のイコロボッカの湯は15時までに入場願います。

尚、携帯電話は圏外となっておりますので然別湖分岐点でご用件をお済ませ下さい。

入浴料 大人650円、中学生300円、小学生200円、幼児無料 幾稲鳴滝の湯(貸切露天風呂)は別途千円となっております。

温泉棟のごあんない

温泉は、「ウヌカル」と、「イナンクル」で男女日替わり制となっております。

尚、コンカニぺの湯は昨年の台風で源泉が被害を受けたため現在ご利用できません。

(平成31年に治山事業復旧工事が完了して復旧予定)

2007年の温泉法の改正により温泉分析書の内容が趣のある昔の分析よりも単純無味乾燥になっておりますが内容に変化はありません。

ウヌカル

アイヌ語で「出会う」を意味します。ウヌカルには全部で5つの湯船があります。

イナンクル

アイヌ語で「幸せ」を意味です。露天風呂も2つあり全部で4つの湯船があります。

こもれび荘の湯

宿泊こもれび荘1階にある半露天です。足下湧出の珍しい温泉です。

貸切露天風呂

滝の近くにあります貸切露天風呂です。日帰り入浴の方は14時までです。家族、グループでの利用も可能です。8人位までは入浴できます。

滝と幾稲鳴滝の湯.JPG

ページトップに戻る

メニュー

空室を検索して宿泊予約